本文へ移動

御祈祷について

人生の節目には神社にお参りいたしましょう。
 

 
出生・命名、初宮詣(お宮参り)、七五三詣り、入学・受験・就職の祈願、神前結婚式、厄除け 他
●これまでの無事に感謝を捧げて、奉告祭を行いましょう。

神社での祈願(祈祷)のご案内

安産祈願

安産を祈って五ヶ月目の戌の日に岩田帯をしめます。

初宮詣(お宮参り)

初宮詣とは、誕生後初めて氏神様へ参拝することで、お参りの目安は,生後男児三十一日目頃、女児三十三日目頃です。無事に成長することを祈願します。

七五三

七五三(しちごさん)とは七歳、五歳、三歳の子供の成長を祝う日本の年中行事です。
3歳を「髪置きの儀」(江戸時代は、3歳までは髪を剃る習慣があったため、それを終了する儀。)とし、男女とも行います。
5歳を「袴儀」(男子が袴を着用し始める儀。)とし、男の子が行います。
7歳を「帯解きの儀」(女子が幅の広い大人と同じ帯を結び始める儀。)とし、女の子が行います。
以上の儀式にちなんで七五三になったといわれています。

合格祈願

学校、就職、資格、など諸々の合格祈願をいたしております。

成人式

社会の一員として有意義に過ごしていけるよう、無事に成人を迎えたことに感謝し、神様に新成人のご報告しましょう。

結婚式

新郎、新婦の末永い幸せとご親族のご繁栄を祈念いたします。

厄除、賀寿祝い(還暦、喜寿、、傘寿、米寿など)

個人、または団体での祈祷をお受けしております。
団体の方は、内容はご相談ください。
名前を入れたお神札をご用意することもできます。

出張での祈願(祈祷)のご案内

地鎮祭・上棟祭・竣工祭

建築の基礎工事に取りかかる前に、神々を鎮め祀る儀式です。神様へのご報告と,土地を清め工事の安全を祈願いたします。

起工祭、安全祈願祭

設工事や土木工事の開始にあたり、建設用地をはらい清めて、工事の無事故安全と無事竣功をお祈りいたします。

神棚清祓い

新しい神棚を、会社・商店・個人宅におまつりするおはらいです。日々神様からお守り戴き、災いのないよう家内安全とご家族の繁栄そして、会社・商店の益々の繁栄と社員皆様の健康・安全を神様にお願い致します。
 

神葬祭

神道の形式で行なわれる葬儀を、「神葬祭」と言います。
神道では、人は亡くなった後も、その霊魂は不滅であり、お祀りされた「みたま」は、我々子孫をお見守り戴く「祖霊神」として、永く久しくお鎮まりになると考えます。
神道の葬儀では、祭詞(さいし)を奏上して、故人の生前の功績をたたえ、遺徳を偲ぶとともに、その後の祖霊祭(年祭やお盆・お彼岸)では、亡くなられた方の「みたま」を鄭重にお祀りすることを大切にします。
 

お申込みについて

ご祈願(祈祷)のお申込みは
神前で行うご祈願(祈祷)と、現地出張し行うご祈願(祈祷)がございます。電話にて祈祷の日程を問い合わせください。なお、郵送での御祈願もお受けしております。神前にて御祈願をしました後,御神札をご送付申し上げます。ご不明な点は下記までお気軽にお問い合わせ下さい。
 
インターネットで来社の御祈祷をお申し込みの際は神社よりの返信がありました後、日程決定となります。
神主が不在の時もありますので、ご希望の日に御祈祷お受けできないこともありますのでその点ご了承ください。
 
受付時間 9:00〜16:00
TEL0287-76-2306 FAX0287-76-2411

御祈祷申込み

祈祷種類
区分 ※必須
祈祷日時 ※必須
     
祈祷受付時間は9時から15時までです。
お名前 ※必須
例)山田 太郎
フリガナ ※必須
(カタカナ)
例)ヤマダ タロウ
生年月日
     
性別
郵便番号
例)012-3456
都道府県
市区町村
番地・屋号等
電話番号 ※必須
例)012-345-6789
※携帯電話可
FAX番号
例)012-345-6789
メールアドレス ※必須


※半角英数字のみ
ご希望の返信先 ※必須
祈祷願意 ※必須

願い事は2つまででお願いします。その他の願意はコメント欄に記入して下さい。
ご祈祷料 ※必須
初宮詣の初穂料は1万円となります。
車のナンバー
                車の御祈祷の方は車のナンバーをご記入下さい。
(那須○○あ○○○○のように)
コメント
那須温泉神社
〒325-0301
栃木県那須郡那須町大字湯本182
TEL:0287-76-2306
FAX:0287-76-2411

 
TOPへ戻る