本文へ移動
那須の四季
御代・狩野三郎行広が白鹿を追っていた最中、
山中に湧く温泉を見つけたことに由来し、
建立された由緒ある神社です。
那須与一が屋島の合戦の折に成就を祈願し、
見事に扇の的を射抜いた逸話も存在します。
御由緒
上代より温泉名を冠せし神社は、延喜式神名帳(西暦900年代)に十社を数え、当温泉神社の霊験は国内に名高く、奈良朝時代の貴族の温泉浴のことは正倉院文書によりても明らかである。従って神位次第に高まり、貞観11年(869年)に従四位上を授けられた。後世那須余一(与一)宗隆西海に扇の的を射るに当たり、当温泉神社を祈願し名声を轟かして、那須郡の総領となるや領民こぞって温泉神社を勧請し奉り、貞享3年(1686)6月19日正一位に叙せられた。…
ご祭神について
ご祭神
商売繁昌、家内安全、病気平癒、身体健全、縁結び
御利益があります。また、那須与一も祈願したところから
必勝祈願の御利益があります。
那須余一と那須温泉神社
那須余一(与一)は那須地方の豪族である那須太郎資隆の十一男として生れました。十一番、十あまり一で余一と命名されました。(後に与一に改名)源義経の東国参陣の時これに従い、以後義経の騎下となって源平戦を戦いました。 有名な屋島の戦いで扇の的を射て名声を上げ20万石を頼朝公から賜わりました。温泉神社と余一との深いつながりを表すものとして「平家物語」にはこのように記載されています。…
ご祈祷について
人生の節目には
神社にお参りを。
挙式について
静かな出で湯の山里で結婚式を挙げませんか…
授与品・縁起物
御朱印、那須与一に
なんだお守り、授与品が
ございます。
宗教法人 那須温泉神社
TEL.0287-76-2306  FAX.0287-76-2411
〒325-0301 栃木県那須郡那須町大字湯本182
神社のご案内
アクセス
お問い合わせ